NEW POST

椎茸の含め煮の準備。

e0325911_13191494.jpg
椎茸の含め煮は、亀甲にすればお正月にも重宝する一品ともなりますよね。
まずは、乾燥椎茸の約10倍の分量のお水で戻します。
その時には、5センチ角に切ったお昆布も一緒に戻しています。
常温で約6時間ほど。
ゆっくりと戻したら笊にとり、石づきをはずします。

椎茸の傘は、冷凍も可能ですが、結井言では、ほとんど冷凍はしません。
娘も大好きなので、すぐに売り切れになってしまいます・笑。
だし汁は、濾し布や茶漉しで濾して冷蔵保存も。
だし汁のまま煮込んでも濃厚で美味しい含め煮に。
石づきは、かつお節、白胡麻、胡麻油などで、ふりかけにも。

明日は含め煮のいくつかのなかのレシピを。



名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by herbatelier | 2016-10-19 21:58 | お台所雑記帳 | Comments(0)

アトリエ・ビスのゆるっと雑記帳。


by アトリエ・ビス
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31