NEW POST

蚊帳ふきん。

e0325911_09553909.jpg

小さな子供の頃に埼玉の奥の親戚の家へ泊りに行くと
夜にはとても大きな蚊帳を張ってくださってゆっくりと眠ったものです。
小さな頃の夏の想い出。。。




皆さまGWいかがお過ごしでしょう?
アトリエではちょうど小さなWSをおこなったのですが
主宰されたE様より<蚊帳の夢>という布巾をいただきました。
1953年頃には全国一のシェアを誇った奈良の蚊帳。。。
綿や麻の素材を荒く織った蚊帳は夏の風物詩だったのですよね。




娘も大学生になったのでやっと落ち着いてもきたこの頃。
少しずつ身のまわりの整理整頓をしながら
日々の暮らしも楽しめるようになってきたような気もします。
蚊帳で夢をみながら眠る。。そんな暮らしもよいですよね。





ありがとうございます。
大切に使わせていただきます。






Commented by chocottie at 2017-05-04 08:02
初めまして。とても興味深いハーブをめぐる暮らし方などにいつもうっとり見ています。ワークショップも大変興味深くぜひいつかお伺いしたいと思ったり、ハーブに詳しくなりたいと思っている初心者の私からすると、まだそんなワークショップに参加するより書籍を読むなどして知識を増やすべきだとか、いろいろモヤモヤしています。
過去に遡って全て読めばわかるのかもしれませんが、きっと書籍を執筆されたり講演されたりしていらっしゃる先生なのですよね。
毎回コメントしたいなあと思いながら、何も書かずにいましたが、蚊帳ふきんの色合いが綺麗だったのでなんとなく背中を押された気持ちになり、コメントさせていただきました。
Commented by herbatelier at 2017-05-05 12:40
chocottie様;

素敵な石鹸づくりなどこちらこそいつも楽しく拝見させていただいています。
先日はローズマリーのティンクの記事にも思わず笑ってしまいました :)
私もお友達の意見に賛成!

個人的には20代の頃からアレルギーで市販のお化粧品も痒くなるので
少しずつ始めた薬草のある暮らし方ですが。。。
この頃は日本人特有の遺伝形質などもあってさらに興味深く学んでいます。
そうはいっても外来種だったトマトなども日本人の生活になじんでもいますので
ストイックになりすぎることなく学びを深めようと思っています。
トマトも生薬ではバンカ(番茄)といいますがいわゆる薬草でお野菜たちと
薬草の区分けも難しかったりですよね。

また、お薦めの書籍、何かご不明点などありましたらメモ欄にあるメールアドレスに
ご連絡をいただければお返事させていただきます。どうぞおきがるに。
これを機にこちらこそ宜しくお願いいたします。
<薬草のブログはこちらです :)http://uneanemone.exblog.jp/>
Commented by herbatelier at 2017-05-05 22:37
chocottie様;追記

外来種だったトマトなども。。。は厳密にいうと
外来種という言い方はしないかとは思いますが。。。
ジャガイモも、トマトも玉ねぎも日本のものではないですが
すでに暮らしになじんでもいますよね。。
バジルやパセリたちなどが暮らしにもかかせないようなものに
なっているように。。野菜たちや薬草の世界も複雑ですよね☺
Commented by stefanlily at 2017-05-14 18:36
初めまして。 ご訪問ありがとうございます!
今後ともよろしくお願いいたします。
素敵なブログですね
Commented by herbatelier at 2017-05-18 18:32
> stefanlilyさん

こんばんは。
stefanlilyさんの世界に引き込まれてお邪魔しております。
こちらこそ宜しくお願いいたします。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by herbatelier | 2017-05-03 10:50 | アトリエ日記 | Comments(5)

ハーバリスト+執筆...時々料理家。   鹿好き娘との日々を雑記帳として綴らせていただいています。


by ことえりごと
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30